QLOOKアクセス解析クリック解析
La roseraie de l'ange *天使の薔薇庭* HOME > カテゴリー [♡ 美術館 ]










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

☆★輝ける皇妃エリザベート展★ハプスブルク家と星の髪飾りにため息☆・*




2012年 11月 輝ける皇妃エリザベート展 in京都

*この記事の画像はクリックで大きく表示されます。

シシィの愛称で親しまれる皇妃エリザベート

以前、国立新美術館で開催されたハプスブルク展も見ました。

姫好きにはやはりハプスブルク家に嫁いだ女性の暮らしぶり気になります!

今回はエリザベートの生涯とその生活ぶりなど数々の遺品が展示され

詳しく知ることが出来ました。

2012年 11月 輝ける皇妃エリザベート展 in京都

会場は美術館「えき」KYOTO。(ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)

会期2012年9月7日ー10月28日

今回の神戸&京都の旅では神戸でフェルメールを見て、

京都ではエリザベート展を見るのも目的のひとつでした♪

2012年 11月 輝ける皇妃エリザベート展 in京都

入り口のパネルと一緒に記念撮影もしましたヨ^^

絵のエリザベートの髪についている星形の飾りの実物も見る事ができました。

2012年 11月 輝ける皇妃エリザベート展 in京都

会場へ向かう通路にはこんなポスターが並んでいました。

2012年 11月 輝ける皇妃エリザベート展 in京都

*会場で買った本の中表紙?アルバムのようになっています。

着ていたドレスやE の刺繍の美しいハンカチ、

黄金の髪飾りなど目がキラキラするものばかり☆

2012年 11月 輝ける皇妃エリザベート展 in京都

*買って来たポストカード

身長172cm、ウエスト50cmって!?

展示されていたベルトの輪の小ささにビックリ!

私の頭が入るかな?って細さ、いや頭も入らないですね^^;

2012年 11月 輝ける皇妃エリザベート展 in京都

現代のモデルさんもビックリのダイエッター!?のエリザベート

1日に食べる食事もほんのわずか。

日々運動を欠かさず、専用の運動器具までありました。

生涯細いウエストを守り抜いたようです。

髪のケアにもとても熱心だったんですって。

美しい姿は凄まじい努力あっての賜物だったのですね~!!

2012年 11月 輝ける皇妃エリザベート展 in京都 

後で素敵な額を買って飾ろうと買ったカード。

2012年 11月 輝ける皇妃エリザベート展 in京都

アルバムのような今回の展示品と写真の説明が乗ってる本

2012年 11月 輝ける皇妃エリザベート展 in京都

小さな可愛いうちわ♪ 裏側がピンクなの。

夏になったら使います^^

2012年 11月 輝ける皇妃エリザベート展 in京都

会場ではいくつかのお菓子も販売されていました。

これはチョコレート。

他にクッキーも買ったのですが、

エリザベートの花冠クッキーと言って名前は可愛いけど

香りが匂いスミレみたいな香りで(石鹸っぽい)ので食べられませんでした。

クッキーには違う香りの方がいいんじゃ?

チョコレートは美味しかったです♪

ギリギリ最終日でしたが見れて良かったです。


ブログ村応援いただけるととっても嬉しいです♪ 

村 


スポンサーサイト
[ 2012/12/05 11:01 ] ★★★★その他★★★★ ♡ 美術館 | TB(-) | CM(10)

☆★神戸旅行★マウリッツハイス美術館展でフェルメール!&今朝のザ・ウェッジウッド・ローズ☆・*





2012年 10月 神戸&京都旅行

*この記事の画像はクリックで大きく表示されます。


10月25日~28日に神戸&京都旅行に行ってきました♪

妹と待ち合わせしたのは12時半。

午前中仕事をして、健康診断の日でもあった妹は

5時起きなのに朝から何も食べてないと言って

新幹線に乗るとすぐ東京駅も出ていないのに お弁当を食べ始めて、

横浜を過ぎた頃には満足したのか「寝るね~♪」と言って

名古屋まで爆睡していました(笑)

2012年 10月 神戸&京都旅行

神戸の改札で「ようこそ神戸と撮って~~♪」と記念撮影!

2012年 10月 神戸&京都旅行

お肉大好きな妹は神戸ビーフとも記念撮影♪

ビーフLOVE!!

2012年 10月 神戸&京都旅行

私たちが宿泊したのは神戸・旧居留地にあるオリエンタルホテルです。

お隣にある神戸市立博物館で開催されていた

マウリッツハイス美術館展で見たかったフェルメール

真珠の耳飾りの少女を見る事が出来ました♪

5時半閉館でギリギリだったけど見れて良かった~!!

2012年 10月 神戸&京都旅行 

ルーベンス聖母被昇天(左)と

ヤン・ブリューゲル(父)、ヘンドリック・ファン・バーレン

四季の精から贈り物を
受け取るケレスと、それを取り巻く果実の花輪(右)

この二つがとても気に入ったので買って来ました。

他にもいくつか気に入った絵があったのですが売っていなかったの。


他にもレンブラントもあって筆のタッチの凄さにびっくりしました。

2012年 10月 神戸&京都旅行

展示されている部屋へ入る前の部屋にこんなものがあったので

早速撮影しちゃいました♪

子供が撮影するための物なのか、微妙な高さの額縁なの。

2012年 10月 神戸&京都旅行

膝に手を置いての中腰で、太ももがプルプルしていました~~~(笑)

笑えって言われても~~、笑顔してるどころじゃなかったのよ^^


この後はまた次回です。

バラ 2012年 10月 ザ・ウェッジウッド・ローズ

今朝はザ・ウェッジウッド・ローズが可愛らしく咲いていました。

結構大きなお花です。

赤い芽がいっぱいなので来月はもっとたくさん咲いてくれそうです。


貴重な皆様のお時間を使って私のブログを見て下さったこと

有難うございます。

そして、さらにコメントを下さった皆様へ感謝しています。

ブログ村応援いただけるととっても嬉しいです♪ 

村

ぽちっとして下さる方に いつも感謝しています。
ありがとうございます。 

私のブログに訪問してくださってありがとう♪
読んでくれてうれしいです♪




   
[ 2012/10/30 13:58 ] ★★★★その他★★★★ ♡ 美術館 | TB(-) | CM(8)

☆ルドゥーテ展&資生堂パーラー&ラデュレ サロン・ド・テでティータイム☆・*




ルドゥーテ展 2012年 6月 上野の森美術館 

日曜日に上野の森美術館で開催中のルドゥーテの「バラ図譜」展に

行ってきました~♪ 

 ―花の"ラファエロ"、バラの"レンブラント"と称された
フランス宮廷画家―ルドゥーテの「バラ図譜」展

平成24年6月6日(水)~6月25日(月)

上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)

入場料 一般・大学生以上1,000円

ルドゥーテ展 2012年 6月 上野の森美術館

1時間半をかけて全169作品をじーっくり見てきました(*^^*)

細かい描写、色使い、白を描くときのグレーの使い方など。

私も白い花を描くときはグレーで陰影を付けますが、

膨らみ、光沢、影の描き方などをじっくり見てきました♪

絵を描くのは好きで画材は油彩より水彩が好きなのですが

最近は描いてないので描きたいなって思っちゃいました。

ルドゥーテ展 2012年 6月 上野の森美術館

最後にグッズもじっくり見てきました^^

会場限定って訳はないので色々なところで売られていますが、

せっかくなので買ってきたのはこちら。

資生堂パーラー 2012年 6月
パンフレットより

その後は銀座に移動して資生堂パーラー銀座本店のレストランでランチをいただきました。

ビーフシチュー資生堂パーラースタイル 3460円

スープ、サラダ、ライスorパン、アイスクリーム、コーヒーor紅茶のセット1500円。

食前にノンアルコールカクテルの楊貴妃 お値段は忘れました^^

ライチと白ブドウのカクテルなの♪

資生堂パーラー 2012年 6月

息子が食べたオムライス。


スープはコーンの味も瑞々しくて、サラダもとっても美味しかったし、

アイスクリームも濃厚で、コーヒーもとても美味しくて小さな焼き菓子がついて来ます。

カトラリーはクリストフル!!

一流ホテルのようなおもてなしをしてくれます。

予約して行くと待たずにすみます。


この後は息子の服なんかを見ながらブラブラして、

キルフェボンに桃のタルトを買いに行きました。

買うのに並んで、受け取るまで並んで1時間以上かかっちゃった。

それからまた三越に戻ってラデュレサロン・ド・テでお茶をしました♪

ラデュレ 2012年 6月 イスパハン

私はいつもイスパハンとテ・ア・ラ・ローズ。

最初に行った時はアフタヌーンティーをしたけど、

ランチから時間が経っていないとアフタヌーンティーは入りません。

ラデュレは写真撮影禁止なので買って来たイスパハンです。

とにかく私はこのイスパハンが大好き!

ローズのマカロンにライチとラズベリーがはさんであります。

息子はシャンパン&マカロン。

妹はフレンチトースト、ママはマカロン。

7時過ぎまで銀座でうろうろしていて、お夕食には美濃吉でお弁当を買って帰りました。

美濃吉が大好きなんです♪


バラの事ばかりで最近はお出かけの事を書いてませんでしたね。

今週は台風がふたつも来るんですって!?

バラはひと段落なのでいいけど、アーチが倒れたり、

長いシュートが折れないようにしないといけませんね^^


ブログ村応援お願いします♪

応援していただきましたら【P】の文字を最後に入れてください。

いつも誰が入れて下さったのかわからずお礼もできませんので^^

村

ぽちっとして下さる方に いつも感謝しています。
ありがとうございます。 

私のブログに訪問してくださってありがとう♪
読んでくれてうれしいです♪




[ 2012/06/19 11:49 ] ★★★★その他★★★★ ♡ 美術館 | TB(-) | CM(12)

THE ハプスブルク 国立新美術館・六本木

夏に京都でルーブルを見たときに、THE ハプスブルクのチラシを発見!
京都であるなら東京でもあるはず!!
で、待ちに待ったTHE ハプスブルクでした❤




東京ミッドタウンのそばにある国立新美術館です。
前にモネ展をご紹介した美術館です。




ハプスブルク家を知らない方はいないでしょう。
ナナの好きなマリー・アントワネットもハプスブルク家の出です。




オーストリア皇妃エリザベートがかなりの人気でした。
美しいひとですが、その人生は波乱にとんでいました。
嫁姑問題?で旅から旅をして、最後はヤスリで刺されて暗殺されてしまったそうです。




今回はあまりこれだーって気に入った絵はなかったの。
息子も暗い絵が多かったよねって言ってたので、そう思ったのが私だけじゃなかったのかな。

写真はお土産に買ったカレンダーです。
左上の絵はアントワネットのお母さんマリア・テレジアの11歳の少女時代もの。
この方は恋愛結婚で生涯夫を愛し抜いたそうです。
昔は政略結婚が多かったでしょうにロマンチックですね。




オーストリア皇妃エリザベートの等身大のパネルがあって皆さん記念撮影していました。


12月までやっているのでよかったら行ってみてね。

2009年9月25日(金)?12月14日(月)
休館日: 毎週火曜日
ただし11月3日(火・祝)は開館、翌4日(水)休館。
THE ハプスブルク公式HP

**☆ブログ村 姫っぽいのが好き☆**
1日1回応援のぽちはココ❤

[ 2009/10/11 10:39 ] ★★★★その他★★★★ ♡ 美術館 | TB(-) | CM(-)

ルーブル美術館展 京都市美術館

上野の国立西洋美術館で見るはずだったルーブル展。
あのインフルエンザ騒ぎで東京も時間の問題!?っていう時。
身体が弱い私は都内立ち入り禁止!になっていました。
もーすごく残念で残念で。。。

思えば、横浜美術館で2005年に19世紀フランス絵画見て。
2006年に上野の東京藝術大学大学美術館で古代ギリシア芸術を見て。
3度目のルーブルを見逃せないですよね。
次は京都へ移動ということを知り何が何でも行かなくちゃってことで



2009年7月18日京都市美術館

念願のルーブル展です!!

京都市美術館は大好きな平安神宮の前にあるので何度か通ったけど中は初めてです♪
クラシックな装飾が美しい建物です。



金色の花瓶に活けられた花束とルイ14世の胸像

この絵はとても大きくてお花がとても美しかったです。
うちばん上の青い花の下に描かれている白と赤のストライプの花
開いたチューリップかしら?と思ったけど、その花がとても印象的でした。
飴細工のようにつやつやで本当にキレイだったから。
胸像の台座も大理石模様が描かれつつ、磨かれた石の表面はツルツルですごーいって見入っちゃいました。
あ?あ、バカっぽい感想ですみません(笑)

私の絵画の見方は好きか嫌いかだけ。
キレイなものを見て心地いいと思えればいい。
あとは自分でも絵を書くので色の重ね方とか光の出し方なんかに目が行きます。



アンドロメダを救うペルセウス

こういう絵画を見るときに私は描かれている植物や、この絵なら貝がらなどに目がいってしまいます。
ちらばった大きな貝がらがリアルで美しいですよね。



聖母の誕生

聖母マリアが誕生した絵。
まだ赤ちゃんなのに頭にはもう星が光っています。



ヨハネス・デ・フォスの哲学論文を呈示する天使と寓意像

この絵は好きというわけではなく、右下の女性と目が合って
この女性が生きているように見えたの。

この絵はかなり大きくてドア1枚くらいありました。



6人の人物の前に現れる無限罪の聖母

 無限罪とは
 ひとは生まれながれに罪を背負っているという考えのなかで
 聖母マリア様だけはその罪がないけがれの無い特別な人だということ

マリア様はこんな風に出現なさるのでしょうか。
天使の持っているものには【最初より神は聖母を愛された】とラテン語で書いてあるそうです。(図録より)

そういえば、聖母マリアが出現する時には、あたりにはバラの香りがただようそうです・:*(〃∇〃人)*:・



受胎告知天使 受胎告知聖母

今回のルーブルで見たかった絵はこれ!
この対の絵はカルロ・ドルチという人の絵。

美しい大天使ガブリエルの優しげな微笑。
聖母マリアのうつむいた表情。
もうずーっと眺めていたかったです。



「名声」に冠を授けられるマルスとウェニス

こういう絵も好きです。
丸い絵は天井装飾で描かれることが多いそうで、うちもこんな天井だったら・・・
なんてウットリと妄想を膨らませてしまいました(笑)



天国の栄光

ピエール・ミニャールの書いた天井画を元に模写したものだそうです。
私はこの絵の前でかなりながーい時間立っていました。
描かれている天使や人物?のひとりひとりがとても美しくて
できれば回転するような仕掛けになっていたら・・なんて思いました。
これは大きなポスターなどがあれば絶対欲しいと思ったのですが
残念ながらポストカードさえもありませんでした。
探せばどこかにあるでしょう。がんばって手に入れます♪



2009年ルーブル展の図録

今回注目されていたフェルメールのレースを編む女が表紙です。
この絵はもっと大きいのかと思っていましたが24×21cmと小さかったです。

見たのが京都旅行の最終日だったので、買ったらそのまま持って新幹線にのることに。
厚さ2cmの重みにかなり悩みましたが、特設会場で郵便局が来ていてその場で郵送できると知り即購入!




今回買ったポストカード。
額縁にいれて家中に飾るのです❤






このブログの文章、写真等の著作物のすべて、または一部を私の了承なく複製、使用することを禁じます。
                     FAN限定素材の書庫にある素材は除く。

[ 2009/07/27 15:27 ] ★★★★その他★★★★ ♡ 美術館 | TB(-) | CM(-)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。