QLOOKアクセス解析クリック解析
La roseraie de l'ange *天使の薔薇庭* HOME > 月別アーカイブ [ 2009年07月 ]










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルーブル美術館展 京都市美術館

上野の国立西洋美術館で見るはずだったルーブル展。
あのインフルエンザ騒ぎで東京も時間の問題!?っていう時。
身体が弱い私は都内立ち入り禁止!になっていました。
もーすごく残念で残念で。。。

思えば、横浜美術館で2005年に19世紀フランス絵画見て。
2006年に上野の東京藝術大学大学美術館で古代ギリシア芸術を見て。
3度目のルーブルを見逃せないですよね。
次は京都へ移動ということを知り何が何でも行かなくちゃってことで



2009年7月18日京都市美術館

念願のルーブル展です!!

京都市美術館は大好きな平安神宮の前にあるので何度か通ったけど中は初めてです♪
クラシックな装飾が美しい建物です。



金色の花瓶に活けられた花束とルイ14世の胸像

この絵はとても大きくてお花がとても美しかったです。
うちばん上の青い花の下に描かれている白と赤のストライプの花
開いたチューリップかしら?と思ったけど、その花がとても印象的でした。
飴細工のようにつやつやで本当にキレイだったから。
胸像の台座も大理石模様が描かれつつ、磨かれた石の表面はツルツルですごーいって見入っちゃいました。
あ?あ、バカっぽい感想ですみません(笑)

私の絵画の見方は好きか嫌いかだけ。
キレイなものを見て心地いいと思えればいい。
あとは自分でも絵を書くので色の重ね方とか光の出し方なんかに目が行きます。



アンドロメダを救うペルセウス

こういう絵画を見るときに私は描かれている植物や、この絵なら貝がらなどに目がいってしまいます。
ちらばった大きな貝がらがリアルで美しいですよね。



聖母の誕生

聖母マリアが誕生した絵。
まだ赤ちゃんなのに頭にはもう星が光っています。



ヨハネス・デ・フォスの哲学論文を呈示する天使と寓意像

この絵は好きというわけではなく、右下の女性と目が合って
この女性が生きているように見えたの。

この絵はかなり大きくてドア1枚くらいありました。



6人の人物の前に現れる無限罪の聖母

 無限罪とは
 ひとは生まれながれに罪を背負っているという考えのなかで
 聖母マリア様だけはその罪がないけがれの無い特別な人だということ

マリア様はこんな風に出現なさるのでしょうか。
天使の持っているものには【最初より神は聖母を愛された】とラテン語で書いてあるそうです。(図録より)

そういえば、聖母マリアが出現する時には、あたりにはバラの香りがただようそうです・:*(〃∇〃人)*:・



受胎告知天使 受胎告知聖母

今回のルーブルで見たかった絵はこれ!
この対の絵はカルロ・ドルチという人の絵。

美しい大天使ガブリエルの優しげな微笑。
聖母マリアのうつむいた表情。
もうずーっと眺めていたかったです。



「名声」に冠を授けられるマルスとウェニス

こういう絵も好きです。
丸い絵は天井装飾で描かれることが多いそうで、うちもこんな天井だったら・・・
なんてウットリと妄想を膨らませてしまいました(笑)



天国の栄光

ピエール・ミニャールの書いた天井画を元に模写したものだそうです。
私はこの絵の前でかなりながーい時間立っていました。
描かれている天使や人物?のひとりひとりがとても美しくて
できれば回転するような仕掛けになっていたら・・なんて思いました。
これは大きなポスターなどがあれば絶対欲しいと思ったのですが
残念ながらポストカードさえもありませんでした。
探せばどこかにあるでしょう。がんばって手に入れます♪



2009年ルーブル展の図録

今回注目されていたフェルメールのレースを編む女が表紙です。
この絵はもっと大きいのかと思っていましたが24×21cmと小さかったです。

見たのが京都旅行の最終日だったので、買ったらそのまま持って新幹線にのることに。
厚さ2cmの重みにかなり悩みましたが、特設会場で郵便局が来ていてその場で郵送できると知り即購入!




今回買ったポストカード。
額縁にいれて家中に飾るのです❤






このブログの文章、写真等の著作物のすべて、または一部を私の了承なく複製、使用することを禁じます。
                     FAN限定素材の書庫にある素材は除く。

スポンサーサイト
[ 2009/07/27 15:27 ] ★★★★その他★★★★ ♡ 美術館 | TB(-) | CM(-)

山鉾巡行 有料観覧席にて




あれだけ猛暑に備えて準備した山鉾巡行当日です。
少し雨がぱらつくこともあったけど、濡れるほどでは無かったです。
暑さもさほどでもなく、曇りに感謝でした♪

いちばん最初は長刀鉾と決まっています。
御池通に設置された有料観覧席を確保した私たち。
河原町通から御池通に入るところで 辻回し といって鉾が方向を変えるのですが
私たちの場所からは少し遠かったです。




真ん中にお稚児さんが乗っています。
コンチキチンというお囃子がムードを盛り上げます。
やっぱり長刀鉾は堂々としていて迫力があります。
もう興奮しちゃいました??!!




私たちが登った函谷鉾(かんこほこ)が来ました。




ゆうべはこれに登ったんだな?って思うと親しみがわいちゃいますね(笑)




こちらは別の鉾ですが引き手?さんが外国の方ばかり。
みなさん観客へ笑顔を振りまいていました。




こちらは人気があるという船鉾です。
船の形がとっても可愛いですね❤
来年来るとしたらこの鉾に乗ってみたいです。





こちらは山の中からいくつかを。
蟷螂山ってほんとにカマキリが乗っていてビックリしました。
傘のような飾りの山も。





今にも水しぶきをあげてはねているような鯉。
こんなお面をつけたひとも。




可愛い坊ちゃんたちの行進です。




鉾が9基、山が23基。
全部で32の山鉾が通り過ぎていきました。

最初は1時間半?2時間と聞いていましたが、3時間かかりました。
雅なのに迫力があって去っていく山鉾に名残惜しい感じがしました。
また見にきたいなぁ。
今度は晴れでビニールがかかっていない山鉾がみれたらと思います。
                                                       

                             にほんブログ村 インテリアブログ ロマンティックインテリアへ

このブログの文章、写真等の著作物のすべて、または一部を私の了承なく複製、使用することを禁じます。
                     FAN限定素材の書庫にある素材は除く。

京都・伊右衛門サロン IYEMON SALON KYOTO




祇園祭の宵山を抜け出して行ったのは烏丸通を入った所にある伊右衛門サロン。
あのサントリーの伊右衛門ですよー。

日本が世界に誇る「茶」を通じた豊かな生活文化をよりモダンにカジュアルにカフェというスタイルで
伊右衛門サロンHPより

そのコンセプトどおりのオシャレなカフェ。なのにメニューは和のイメージ。
まさに現代の京都はこんな感じですよね。




入ってすぐのライブラリーでは京都とお茶などの本があるそうで。
待ち時間にはお借りして拝見することができます。




冷たい水出し茶。お茶の緑がキレイですね。
私も家ではお茶を水出しにしています。
色がキレイに出て美味しいんですよね。




ママが頼んだお茶。




豆腐のサラダ。
この豆腐がとっても濃厚で美味しかったの!!!
絹でもなく木綿でもない・・・
あー、いますぐ食べたくなっちゃいます(笑)




さといもを揚げたもの。
外はカリっとして、中はとろ??んとしていました。
これは家でも作ってみたいです。




生麩の田楽。
実は何十回も京都に来ているのに生麩を食べたことがなかったの。
料理についていてもどかしていました(笑)
主人にせっかく京都に行って食べたこと無いの?っていわれたので
今回は挑戦することに!

永遠に噛んでも無くならないやわらかいガムって感じだった。




和牛のハンバーグ美味しかったです❤
付けあわせのポテトがホクホク(*^^*)




メンチカツです。
ごろんとしたメンチ。やわらかくて美味しかったです。




鶏のタルタルとかって名前だったような。。。
味が濃くてごはんが進んでしまいそうでした。




釜炊きごはんセット。
おこげがあるお釜で炊いたごはんとお味噌汁。
お味噌汁は田舎でおばあちゃんが作ったって感じの味でした。

お腹がいっぱいでだいぶ残しちゃったので、デザートが食べれませんでした。
今度はお茶しに行ってみたいです。

IYEMON SALON KYOTO
〒604-8166
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80番地 千總ビル1階
電話 075-222-1500  営業時間 8:00 - 24:00

                                                       

                             にほんブログ村 インテリアブログ ロマンティックインテリアへ

このブログの文章、写真等の著作物のすべて、または一部を私の了承なく複製、使用することを禁じます。
                     FAN限定素材の書庫にある素材は除く。

部分日食・栃木でも見れました?♪



11時19分



11時22分



大きくした画像です。




どんよりした曇りのおかげ?で、肉眼でも見れちゃったの(笑)
まるで明るい月夜の三日月を見ているようでした(*^^*)


東京では11時12分頃と言っていましたのでその頃我が家の玄関で見ていたのですが曇りで。
それでも18分頃にみることができたの。
大丈夫かな?と思ったけど、SONYα300のライブビュー画面で確認しながら撮影しました。



アクセス解析
[ 2009/07/22 11:39 ] ★★★★その他★★★★ ♡ その他趣味 | TB(-) | CM(-)

京都・祇園祭の宵山で鉾に登っちゃいました?♪




京都の祇園祭の宵山に行ってきました。こちらは長刀鉾。
17日に行われる山鉾巡行では山と鉾が連なって京都の街を巡行します。

宵山はその前日のお祭りでそれぞれの鉾や山が駒形ちょうちんで飾られて
私たちも近くでみることができます。




この長刀鉾は天辺から伸びたながーい先には長刀が付いています。
こういう形で屋根に付いた木の先に鉾頭が付いていて、中に人が乗れるものが鉾だそうです。

人が乗らず、御神体などが乗っている小さめのものが山です。
山と鉾は全部で32基、鉾が9基で山が23基あるそうです。




鉾には中に乗せてもらえるものがあります。
世界的にも有名な祇園祭の鉾に乗せてもらえて、中を拝見できるのはすごい感動です!!

私たちが乗せてもらったのはこちら函谷鉾




鉾はちょうど二階の高さなので近くの建物から橋のようなものを渡して入ります。




鉾には40人ほどが乗れるそうで、体重が重い私でも大丈夫なようです(笑)




ママはとっても嬉しそうです(笑)
渡っていく途中で皆さん記念撮影してました。




上からの眺めです。




こんなに高さがあるんですね?♪
雨が降ったりやんだりの天気が続いてましたので、かけられたビニールが残念です。




鉾の内部から正面を見た様子。
これで本番の巡行で京都の街を揺られていくのはさぞステキな光景でしょうねぇ(*^^*)




降りてみてあらためて見上げる函谷鉾(かんこぼこ)。
ちなみに、私も行く前までは【お食事券付きの登鉾チケット】など買わなくちゃいけないのかと思っていました。
でも、宵山は11時までやっているし。1000円ほどで鉾に上れます。
たいした混雑も持ち時間もなく登れますよ。
食べたくも無いお食事券付きなどでチケットを確保しなくても大丈夫です。




この鉾や山ではそれぞれ縁起物のちまきや護符、グッズが売られています。
ここで言うちまきは食べ物ではなく、ちまきの形をしたお守りのようなもので
玄関などに飾ってご利益を願うものです。
もし来年行かれるなら、ご利益めぐりなんかもいいですね(笑)

【御利益表】

菊水鉾   不老長寿・商売繁盛(ちまき)

船鉾     安産(腹帯・お守り)

綾傘鉾   縁結び

四条傘鉾  厄よけ・招福(お守り)

占出山   安産(お守り)

郭巨山  金運招福(かまきりのおみくじがあります)

黒主山  盗難よけ・泥棒よけ(ちまき)

油天神山  学問成就(お守り)

霰天神山  雷除け・火除け(護符)

役行者山  疫病除け・安産?(交通安全もお守り?)

鯉山   立身出世(お守り)

木賊山  迷い子除け(お守り)

浄妙山  勝ち運(勝守)

鈴鹿山  盗難よけ・雷除け・安産(お守り)

太子山  知恵授与(お守り・護符)

白楽天山  学問成就・疾病よけ(お守り)

八幡山  夜泣き封じ(鳩笛・鳩鈴)

保昌山  縁結び・盗難よけ(お守り・ちまき)

孟宗山  親孝行(ちまき)

こちらの表は京の逸品老舗モールさまよりお借りしています。




もちろんGETは金運・:*(〃∇〃人)*:・
だって恋愛も子宝も、学業も夜鳴きも安産も縁が無いしぃ???(笑)
お正月も京都のお金神社で金運を祈願したし。
益々の金運UPになるといいな?ってことで、この数分後に宝くじを買ってみました(笑)
京都で宝くじも思い出になっていいでしょう?(笑)



いつもだけどママと並ぶとタダでさえ大きい(162・体重秘密)ナナが余計大きく見える。
去年ガン騒ぎをしたママ(150cm無い)は現在も体重が34Kなのよ。
さて、今回は浴衣が楽しみだった私たちです。
お恥ずかしながらチラッと公開。
私はなんだか清楚とはほど遠かった。。。浴衣や着物って貧乳の方が可愛いのよね。。私はE。
成人式の時もさらしでむぎゅーってつぶされて痛かった思い出が・・・。
髪には黒いバラの花を飾っています❤




登鉾がしたくて明るいうちに繰り出したので夕暮れにはお疲れになっちゃって
この後は早々と夕食に行っちゃいました。

暗くなってちょうちんに照らされる鉾が見たかったので、来年も行くかもしれません(*^^*)

                                                       

                             にほんブログ村 インテリアブログ ロマンティックインテリアへ

このブログの文章、写真等の著作物のすべて、または一部を私の了承なく複製、使用することを禁じます。
                     FAN限定素材の書庫にある素材は除く。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。