QLOOKアクセス解析クリック解析
La roseraie de l'ange *天使の薔薇庭* HOME > 月別アーカイブ [ 2009年10月 ]










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ






まるで空中に浮かんでいるかのようなブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ
先日行ってきたTHEハプスブルクですが、

開催されている国立新美術館にはいくつかのお店がはいっています。
私が楽しみにしていたのはブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼでのランチ。


一人でも多くのひとに正統派のフランス料理を伝えたい 
                                          HPより引用

そういうコンセプトで生まれたというブラッスリーだそうです。

フランス・リヨンのフレンチの巨匠のお店がいい素材を手ごろな価格で提供してくださるなんて

食べないわけにはいきませんよね。

 

  国立新美術館の外観                 3階から下をみたところ
プリフィクスランチコース

プリフィクスコースでは前菜・メイン・デザートから1品ずつ好きなものを選べます。
基本は2860円なのですが、選ぶお料理によって金額がプラスされることも。
皆さんならどれを選びますか?(笑)

前菜
   サーモンのリエット サラダと共に
   栗南瓜のスープ
   牛肉と野菜のゼリー寄せ "ブッフ・ア・ラ・モード"(+¥300)
   色々なキノコのマリネ 生ハムとサラダとともに(+¥300)
メイン
スズキのプランチャー焼き 季節野菜添え 甲殻類のムースリーヌソース(+¥300)
ガンバス海老のポワレ リゾットと共に(+¥300)
豚ロース肉のロースト ベーコンの香りをつけたブロッコリーのエチュべ添え ソース・シャリキュティエール
鶏もも肉の赤ワイン煮込み ブルゴーニュ風
デザート
昔ながらのゴーフル "グランメール"
"ムッシュ ポール・ボキューズ"のクレーム・ブリュレ
赤いフルーツと軽いバシュランヴァニラのアイスクリーム添え(+¥300)


ナフキンにロゴが!



フランスパンは外側が厚めでサクサクな感じで、こんな美味しいのをはじめていただきました。


バターは付かないので別料金でオーダーします。エシレバターが登場です!!



前菜 牛肉と野菜のゼリー寄せ "ブッフ・ア・ラ・モード"
テリーヌやゼリーよせとか好きなのでこれにしてみました。

 

大きなお肉と野菜がいっぱい。

やわらかいお肉はとろけてしまう食感。

トマトなどこまかくカットしてある所には白いものがいっぱい。

ゆでたまごの白身なんです!!

ミモザサラダに卵が細かくカットされて入っていますが、これは美味しかったです❤



栗南瓜のスープ
ママと息子がオーダーした栗南瓜のスープ。単品でも1500円するそのお味は・・・・

実は冷製スープだったんですよね。

そろそろあったかいものが恋しい時期につめたーいスープでママがっかりだったのです。

私は味見にいただいたけど、これだけでも味わいに行ってほしいくらい美味しいの!!!

かぼちゃスープへの概念がまったく変わると思います。



この大きめのクルトンを好きなだけ入れながらいただけるんですが

サックサクのクルトンがまたスープにアクセントになってウットリな美味しさでしたよ。



ガンバス海老のポワレ リゾットと共に
えび大好きなナナなので迷わずこちらにしました❤

 

   えびの下にはリゾット          えびの美味しさをいっぱい吸ったリゾット
えびはぷりっぷりで甘くて。想像以上の美味しさでしたが下のリゾットの美味しいこと!!

えびの味噌のコクとえびダシのうまみたっぷりのソースとからめてまろやかなリゾットでした(* ̄。 ̄*)ウットリ



スズキのプランチャー焼き 季節野菜添え 甲殻類のムースリーヌソース
ママが頼んだスズキです。

あわあわのお皿に最初びっくりでしたが中にちゃんとスズキがいましたヨ。

ママ曰く『こんなに美味しいお魚は生まれて初めて!!』だそうです(笑)



昔ながらのゴーフル "グランメール"

ゴーフルとはフランスのワッフルのようなものとお隣の方へ説明されていました。

ほんとにワッフルみたいでしたが、かなりサックリした食感でワッフルとは違ってました。



クリームとチョコレートとりんごのコンフィチュールをつけていただきます。

 
チョコレート&クリームは想像どおりの美味しさです。

りんごの方は甘みの中に酸味があって、クリームと一緒にいただいてもさわやかな味です。

どっちも美味しかったです❤



"ムッシュ ポール・ボキューズ"のクレーム・ブリュレ
ポールボキューズ氏の名前が付いたクレーム・ブリュレです。

食べなくちゃ!ってことで息子と妹はこっちに

 
表面がカリカリに焼かれて美味しそうです。

スプーンを入れるとパリン! ちょっといただきましたがこちらも流石の美味しさでしたよ。

この後はコーヒーか紅茶。

ナナは病み上がり(っていうか病み中?)なのを忘れてコーヒーを頼んでしまい飲めませんでした。

もちろん食べたあとは胃薬をごっくんです(笑)


私も色々なお店に行っていますがこちらは本当~~~に美味しかったので

また美術館に行ったときには寄りたいと思いました。



皆さんが選んだメニューはナナと同じだった?(*^^*)

ちなみに、名古屋、金沢、東京は銀座、広尾、丸の内にもあります。

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ公式HP
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館3F
Tel. 03-5770-8161 Fax. 03-5770-0585
(美術館直結)
都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分
東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩約5分
blogmura200_20110325231310.gif

にほんブログ村
応援ぽちっとしてくれるとありがたいです(*^^*)

フレンチローズにもポール・ボキューズという名前の薔薇があります。
つるバラのように伸びてお花をたくさん咲かせてくれます。
*バラは苗が出回るシーズンが年に数回決まっていますので
アクセスした時期によって在庫や苗の大きさに違いがあります。


スポンサーサイト

コスモスまつりin板倉・群馬




10月10日(土) ? 10月25日(日)に群馬県の板倉で開催されていました。
期間中の土日はお店や色々な催し物が開催されていました。

覚えていらっしゃる方もいるかもしれませんが昨年も行ってきました。
       昨年の記事もナナと息子のツーショット有りデス




今月前半にあった台風の被害でピンク系のコスモスはかなりのダメージを受けたようで
お花にはかわいそうだけどあまりキレイじゃなかったです。
みんな倒れちゃったんだよね。。。

そのかわり黄花コスモス?がとってもキレイでした♪




倒れてても健気に咲いていたコスモスちゃん❤




今年もナナ&息子のツーショットです。
2ヶ月に1度くらいは栄養面なども考えて東京から呼び戻してます。
ママも妹も私も息子がいなとやっぱり寂しいんですよね(笑)
いつ帰ってくる??ってそればっかりです(o^-^o)
美味しいものをいっぱい食べさせて帰します❤

この日は9月初めに葬儀があった親戚の49日法要があって戻ってからコスモスを見に行ったの。
夕方だったけど息子とはんぶんこで出店されてたお店のラーメンを食べちゃった。
この日は息子と二人だけじゃないよー。ママと妹と旦那様もいましたヨ。

                 にほんブログ村 応援ぽちっとしてくれるとありがたいです(*^^*)

★THE ハプスブルクのお土産






先日行ってきたTHEハプスブルクではグッズやお菓子、陶器など様々なものが売っていました。
カレンダーの他に買ったものをご紹介します❤







DEMEL(デメル)はハプスブルク家ゆかりの地ウィーンで生まれの高級お菓子屋さん

こちらは会場限定販売のオリジナル焼き菓子「ショコラーデントルテ」




しっとりとした濃厚なチョコレートのケーキです。
ナナが好きなチョコレート屋さんでもあるデメルです。
ケーキではザッハトルテなどが有名だけど、こちらも美味しかったです。




皇妃エリザベート(愛称シシィ)が愛したハンガリーにあるカフェ ジェルボーの
すみれの砂糖漬けが入っているホワイトチョコレートです。




パッケージにはエリザベートが❤




ホワイトチョコが大好きなナナです。
青いツブツブがすみれの砂糖漬けです。
すみれの砂糖漬けといえば子供の頃に食べたケーキの飾りについていて
それを食べるのが楽しみだった記憶があります。




裏側から見たところ。
食べるとほんのりすみれの香りがします。
美味しかったですよ❤


美術館でお姫様のステキな絵を堪能して、家に帰ってもスイーツで余韻に浸れます(笑)
エリザベートも食べたのかな??なんて思いながら・・
まだ12月までやっています。どちらも1000円くらいだったと思います。
これから行かれる方はぜひ食べてみてくださいね(*^^*)

                 にほんブログ村 応援ぽちっとしてくれるとありがたいです(*^^*)



+素材はすべて自作です。この記事からの持ち出しは禁止します。

☆ザ・リッツ・カールトン東京でアフタヌーンティー☆・*








ザ・リッツ・カールトン東京でアフタヌーンティーをいただいてきました。

東京で最も高い 248mのミッドタウン・タワーにあるザ・リッツ・カールトン東京

ロビーラウンジ&バーは45階にあります。





この写真は席に座ったまま撮ったそのままの眺めです。きれいでしょう?

予約していましたので窓際のたいへん眺めのよい席を用意してくださっていました

午後の美しい東京の眺めです。






食器はウエッジウッドのインディア 


     パルマハム、季節のフルーツとオレンジジャムのカナッペ

     小海老、アボカドとミモザのカナッペ

     オープンキューカンバーサンドイッチ

     蟹と卵のサンドイッチ

     アンチョビ入りオリーブ、

     チェリートマトとモッツアレラのタルトレット

     パンナコッタ

     バニラカシス

     栗のタルトレット

     ショコラフランボワーズ

     抹茶エクレア

     シトロンスコーン、レーズンスコーン、クロテッドクリーム、ジャム

     ザ・リッツ・カールトン東京オリジナルブレンドコーヒー又はお好みの紅茶




紅茶は香りのお見本を持ってきてくださるので、好みのものを選ぶことができます。






すべてこのようにキャンドルウォーマーの上にポットで用意してくれます。

4人が違うお茶の場合これがが4つ並びます。






3段のスタンドに乗せられたおいしそうなお菓子やサンドウィッチなど。

3人分が一緒に運ばれてきます。

ママは食べきれないからとケーキと紅茶だけにしました。

参考に・・紅茶だけで1600円?。ケーキも同じようなお値段です。

色々食べられるアフタヌーンティーのセットはお得と言えばそうかも(笑)






一番上はお菓子のトレイ。可愛いですね。

パンナコッタが信じられないくらいの美味しさでした❤


 

2段目はカナッペやサンドウィッチ。

パルマハムの中にはまんまるのメロンが!マネしたい可愛さです♪

キューカンバーの美しい並べ方もステキ!


 


スコーンもとても美味しくて、食べきれないかと思いましたが

2時間ゆっくりおしゃべりや音楽を楽しむ間に食べきってしまいました。

クロテッドクリームの美味しかったこと!!




ピアノとフルートの演奏を聴くことができました。

クラシック大好きな私はとても嬉しかったです。


 


お茶が濃くなる頃にお湯を頼んだら、こんな可愛いポットが運ばれてきました。

つまみの部分がリッツのシンボルマークです。





東京の街が夕暮れになる頃、テーブルにはキャンドルが運ばれてきました。

シャンデリアの輝きもいっそう綺麗になって。

午後のひとときをとても優雅に過ごせました(*^^*)


村

ブログ村に参加しています。

ぽちっとしてくれるとうれしいです。

THE ハプスブルク 国立新美術館・六本木

夏に京都でルーブルを見たときに、THE ハプスブルクのチラシを発見!
京都であるなら東京でもあるはず!!
で、待ちに待ったTHE ハプスブルクでした❤




東京ミッドタウンのそばにある国立新美術館です。
前にモネ展をご紹介した美術館です。




ハプスブルク家を知らない方はいないでしょう。
ナナの好きなマリー・アントワネットもハプスブルク家の出です。




オーストリア皇妃エリザベートがかなりの人気でした。
美しいひとですが、その人生は波乱にとんでいました。
嫁姑問題?で旅から旅をして、最後はヤスリで刺されて暗殺されてしまったそうです。




今回はあまりこれだーって気に入った絵はなかったの。
息子も暗い絵が多かったよねって言ってたので、そう思ったのが私だけじゃなかったのかな。

写真はお土産に買ったカレンダーです。
左上の絵はアントワネットのお母さんマリア・テレジアの11歳の少女時代もの。
この方は恋愛結婚で生涯夫を愛し抜いたそうです。
昔は政略結婚が多かったでしょうにロマンチックですね。




オーストリア皇妃エリザベートの等身大のパネルがあって皆さん記念撮影していました。


12月までやっているのでよかったら行ってみてね。

2009年9月25日(金)?12月14日(月)
休館日: 毎週火曜日
ただし11月3日(火・祝)は開館、翌4日(水)休館。
THE ハプスブルク公式HP

**☆ブログ村 姫っぽいのが好き☆**
1日1回応援のぽちはココ❤

[ 2009/10/11 10:39 ] ★★★★その他★★★★ ♡ 美術館 | TB(-) | CM(-)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。